光脱毛

お肌に優しい「痛くない」脱毛法

光脱毛というのは、フラッシュ脱毛とも呼ばれていますが、仕組みを簡単に説明をすると、お肌の表面に光を照射することで、毛穴の奥にある毛の再生組織にダメージを与えて毛を生えにくくするという仕組みで行う方法になります。

 

この光脱毛の特徴である「光」ですが、この光には黒い色素であるメラニン色素にのみ熱反応を与えるという特徴がある波長の光を利用しています。そのため、お肌に有害な紫外線とは異なりますので、お肌に対して悪影響を与えることはないと言われています。

 

TBC 茨城

逆に、この光にはお肌の組織を活性化する作用もあるため、光脱毛を受けることでお肌が活性化してお肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーを促すことが出来ると言われています。

 

メラニン色素に対して熱反応を与える光は、毛穴の奥にある毛の根元にある毛乳頭と毛母細胞という部分に熱を与えることでダメージを与えます。一度ダメージを与えられた毛乳頭や毛母細胞はその後毛を再生させる機能を失ってしまいます。

 

そのため、この毛乳頭や毛母細胞に熱ダメージを与えることで毛が生えなくなるためにつるつるスベスベのお肌になることができるといわれています。

 

しかし光脱毛では現在成長中の体毛にのみこの仕組みを利用した熱ダメージを毛乳頭と毛母細胞に与えますので、毛の成長が止まっている状態や、毛が休止期いある場合には光脱毛の効果を与えることが出来ませんので、毛のサイクルに合わせて光脱毛の施術を行う必要があります。